top of page

ずっとつくっているものは、いいなと思う瞬間がある【三浦ナオコさん】

陶芸家 三浦ナオコさんから伺ったお話を、記事にしてお届けしています。


実は飽き性で、陶芸以外は続かなかったそう。

後半は、そんな三浦さんがずっとつくっている白磁と、少し前からつくり始めた器のことをお届けします。(前半はこちら。)




三浦さんとお会いして、9年近く。

新しい形や色の器も増えていますが、白磁の器はずっとつくられています。


 はじめてお会いしたクラフトフェアの写真を見返すと、今もつくられているアイテムが。



「飽き性なので、違うものも作りたくなります。最近は小さい壺をつくりました。


 お店からリクエストをいただく型ものだったり、焼き上がって、

 これいいなと思う瞬間があるものはずっとつくっていて。

 

 今も続けているものは、自分でも気に入っているんだと思います。


 白磁はずっと好きです。

 ガラス質の釉薬と磁器の重なりがあって、表情が豊かなのも、飽きない理由かもしれません。」


型に土を入れて成形する型ものは、制作というより作業になりがちで、飽きちゃうこともあるんですけど、お客さんに喜んでいただけるので、ちょっとした使命感もあります、と笑って話してくれました。




届けていただいた、水色の器・艶のある黒が印象的なカップは、質感と合わせて、とても素敵な色味。


「古いデルフト(オランダのメーカー)の器に、青っぽい白をしたものがあって、

 いいなあと思って、水色をつくるようになりました。

 白黒掛けわけの器は、プロダクトじゃないツヤにこだわっています。

 色で個性的に見えるから、普段よりシンプルな形と合わせたりしているんです。」



感じよく作れた普段の料理、友達が来てくれる日、和洋食とも似合う頼もしさから、すぐに一枚取り出します。持ってみると気軽に使えるしっかり感は、使い勝手を考えながらつくっているからこそ。


 料理を盛り付けると褒められることも多い、八角皿。集まりの時に重宝します。 



頼りになるベーシックなプレート、おやつに美しさを添える小皿、欲しかったバランスの箸置き、華奢な持ち手にときめくカップ。食卓にあると、いいなと感じる瞬間がきっと増えるはず。


今週末、REFACTORY antiquesにお持ちします。

どうぞ、お待ちしています。



 

12/9(土) 10:00~17:00 REFACTORY antiques


三浦ナオコさんの器をお持ちします。パンやお花の販売、革小物のオーダー、お家相談も。

ぜひお立ち寄りください。



三浦ナオコさん @miuranaoko___



北海道生まれ。多治見意匠研究所を卒業後、岐阜県多治見市にあるstudio MAVOにて作陶

Comentarii


bottom of page